横浜トリエンナーレ2017組織委員会・横浜美術館

横浜 トリエンナーレ2017組織委員会・横浜美術館

 

 

儒墨堂株式会社が主催する「華麗実存 - 台湾新美術展」は、 横浜トリエンナーレ2017組織委員会・横浜美術館からの「横浜トリエンナーレ」の参加証明資料

 

横浜トリエンナーレ2017組織委員会・横浜美術館からの横浜トリエンナーレ2017 のロゴ使用の承認。

 

横浜トリエンナーレ2017は、2017年8月4日(金)から11月5日(日)までの数か月間の展示イベントが、 一般の展示とは異なり 横浜市全体の力で、 政府をはじめとする、財閥、学界などの人材、物的、そして知恵の結合したもの。

公式ウェブサイトの概要によると: 「横浜トリエンナーレは、3年に1度開催される現代アートの国際展だ。これまで、国際的に活躍するアーティストの作品を展示するほか、新進のアーティストも広く紹介し、世界最新の現代アートの動向を提示してきました。2001年に第1回展を開催して以来回を重ね、世界の情勢が目まぐるしく変化する時代の中で、世界と日本、社会と個人の関係を見つめ、アートの社会的な存在意義をより多角的な視点で問い直してきました。」…「横浜トリエンナーレは、我が国を代表する現代アートの国際展として、創造都市横浜の発展をリードするとともに、多様性を受け入れる心豊かな社会の形成に寄与します。」

横浜トリエンナーレ組織委員会・名誉会長上田義博(NHK会長)、代表林文子 (横浜市長)、 渡辺雅隆 (朝日新聞社社長)、 委員:市村友一 (朝日新聞社企画事業担当)、逢阪恵理子 (横浜美術館館長)、佐々木建史(NHK事業センター専任部長)、澤和樹 (东京艺术大学校长 東京芸術大学)、委員長: 澄川喜一([公財]横浜市芸術文化振興財団理事長)、高階秀爾(大原美術館館長)、 建畠晢(多摩美術大学学長)、柄博子([独法]国際交流基金理事)、中山こずゑ(横浜市文化観光局長)等。

日本の文化庁(国際芸術フェスティバル支援事業)支援,特別協力:日本独立行政法人国際交流基金、公益財団法人 神奈川芸術文化財団。

後援:外務書、神奈川県、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)、タイ王国大使館、マレーシア大使館。

特別協賛:寺田倉庫

協賛:Nissan日産自動車株式会社、 三井不動産、三菱地所、DNP大日本印刷、株式会社高島屋横浜店、株式会社富士通、横浜銀行、NTT東日本、株式会社大林組、NEC日本電気株式会社、株式会社崎陽軒、横浜信用金庫等の企業。

助成:日本興亜損保、駐日フランス大使館、日法学院、駐日イラン大使館、アイルランド文化センター、ドイツ文化センター、 公益社団法人企业メセナ協議会2021 芸術・文化による社会創造ファンド

協力:アサヒビール株式会社、Kokuyo Camlin( コクヨカムリン社)

認証:beyond2020(日本内閣府東京オリンピック競技大会 / 内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局)

チケット協賛:みなとみらい21 熱供給株式会社)、Joyhorse Yokohama(ジョイホース横浜)、株式会社横浜アリーナ、株式会社横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)、株式会社竹中工務店、公益財団法人クマ財団、京急百貨店、横浜美術協会、横浜ベイクォーター|BAY QUARTER YOKOHAMA等。

http://www.yokohamatriennale.jp/2017/about/index.html

 

 
拡張読み:
 
拡張読み之二:
 
どのように展示会の後にデータベースを保持するの?答えは、オンライン展示会プラットフォームの確立にある:
 
どのように完全なデータベースサイトプラットフォームを構築するの?
 
雑誌を出版する以外、出版社は出来ることが何だろう?参照してください:
 
我々のお客様:
 
オンラインプラットフォームを構築する方法を知らないのですか?我々が書いたものを参照してください:
 
 

 


BLOG COMMENTS POWERED BY DISQUS

サイト内の検索

メインメニュー