製品&カスタマーサービスの導入ケース-2

Quick Info

Price
购买专案
Rating
(0 / 0 votes)

Product Details

略歴(一):

張志焜、字「若谷」,別名「涵虚主人」、中華民国12年のとき、中国大陸の四川省の岳池県で生まれた。その後戦乱のため、家族は四川省資中県に移り住んだ。成都で芸術系の専門学校から卒業した。抗日戦争の時に「10万青年10万軍」の呼びかけを受けて、青年軍に参加した。

responsive joomla template

 

その後、中華民国37年のとき軍隊に従って台湾に来て、陸軍士官学校の士官訓練班で勉強した。卒業した後、小隊長になり、絵画の才能があったため、再び軍隊の政治活動部門に転任した。中華民国47年、孫立人の武装反乱で巻き添えにさせられたため、早めに退役した。その時は上尉だった。

responsive joomla template

 

中華民国47年は、台東の長濱でアヒルの事業を始めた,しかしその翌年に台風被害に遭った。彼の飼育事業はひどい損失を受けて、そのため生活が苦しい立場に追い込まれた。中華民国50年は、台東極東日刊新聞は創立され、編集の仕事を担当していた。中華民国53年は、翁爾珍氏と結婚して、鹿野に引っ越した。中華民国57年は、教育界に転職した。台東の鹿野国民中学校と新生国民中学校で勤めていて、創作と学校の教育を生活の中心にしていた。

responsive joomla template

 

中華民国72年は、「涵虚小築」を建てて、それから「涵虚小築 」を絵画教室としての芸術創作と芸術教育が、彼の生活中に重要な生命の経験になった。中華民国82年は、がんのため入院して手術になった、生死の際をしばしば経験して、人生の真の意味を悟った。中華民国89年は、新しい命を増やして、外孫が誕生した。人生に対して異なる観点がもつようになった、伝承の考えがうまれ、絵画のスタイルが変わった。

responsive joomla template

 

最初のとき、高雄文化センター、高雄社会教育館、台中市立文化センター、彰化社会教育館、台南社会教育館、台北華テレビ視聴ギャラリー、台東社会教育館、新竹社会教育館などの場所で20数回の個展を開いた。好評を得て、台東地区のきわめて有名な画家だ。

responsive joomla template

 

芸術について、彼は大いに弁舌をふるって芸術の理念が好きではなくて、ただ芸術に対して忠実に探求するだけだ。彼は常にことわざ「一生懸命に探していたものが思いもかけずみつかる(中国語:踏破铁鞋无觅处,得来全不费工夫 )」を引用した。その意味は:必ず先に「鐡の靴を踏み破れる」ほどの着実な鍛えと探求しなければならない、それからようやく「すべて手間がかからずに来る」のような収穫ができる。

responsive joomla template
BLOG COMMENTS POWERED BY DISQUS

グーグル(Google)が提唱したRWDレスポンシブWebデザイン

世界レベルの技術力