製品&カスタマーサービスの導入ケース

Quick Info

Price
购买专案
Rating
(5 / 1 votes)

Product Details

 

 

 

 

 
主催:台湾アーティストモダン展执行委员会
出展者:卓淑倩、卓子意、葉明程、秦昱民、毛首倫、陳如菲、庄玉蘭、陳美麗、林麗美、林景怡、黄紹洋、江玫、黄夢玫 、邱旭君、李素満、林怡君 、王蕙 貞、邱鈴恵 、江蜀菁、劉偉伶、張蕙宴、蔡姿宜、林憲騏、翁晨瑄、李晓明、呂秋燕、黄翠鈴、朱潔芳、郑淑瑗、李淑貞、藍金陵、呂婕穎、陳世芬、謝月鳳、林玲慧、盧建豪、潘盈君、詹昭倫、俞華
 
“华丽实存-台湾新美术展”将于2017年8月9日下午二时-8月14日下午二时在日本横浜市戸冢区戸冢町16番地17戸冢区総合庁舎内戸冢区民文化センター  さくらプラザ   ギャラリー(3阶) 进行展览。开幕时间为2017年8月9日下午四点。

此次台湾参展者呈现台湾现代艺术家多样性的风貌,台湾新美术展的意义乃在于呈现超脱世俗上的表义,而纯粹性的以艺术创作为主轴,倾听艺术本身的生命浪花。观察艺术有多么重要,我们得用全神贯注的身心——用我们全部的头脑、全部的心灵去观察艺术。因为种种理由,我们从不曾全身心看过什么,我们不是太关切传统技法的问题,就是太受制约,受到社会传统和过去太沉重的压迫,这事实上阻碍了我们,以致无法倾听与直觉性的观察艺术本身。

我们从未看过艺术家创作的一棵树,我们看艺术品里头的树是透过我们对树抱有的意象、透过关于树的概念在看。但是概念、知识、经验跟现实的树是截然不同的。在艺术创作中,我们很幸运地置身于树的世界,当艺术家在创作“看”这个主题时,如果你环顾四周,如果你真正去看,你会发现要看到树的全部,要抛开夹在看和实物之间的意象、屏障是多么困难。

所以,全神贯注的观察就是唯一能透视艺术的真理是非常重要的,别无其他真理。如果我懂得怎样看艺术家创作的一棵树、一只鸟、一张可爱的脸庞、孩子的微笑,那就够了,不需要再多做什么。然而,由于我们对自然、对他人建立的意象,看一只鸟,看一片树叶,听鸟儿的喧闹这样的事变得几乎不可能了。这些意象事实上阻碍了我们去看、去感受,毕竟感受万物跟多愁善感以及情绪化是截然不同的。

我们看什么都是片断地看。从小到大,我们受到的训练就是片断地看,片断地观察,片断地学习,片断地生活。心有一片我们从未接触、从未瞭解的浩瀚领域,那片空间浩瀚广阔,不可测度,但我们从不接触它,我们不瞭解它的品质。因为我们从未全身心看过什么,从未用上我们头脑的全部、心灵的全部、神经的全部、眼睛的全部、耳朵的全部。对我们来说,语言、概念无比重要,而不是看和行动。然而,抱有概念,即信仰、观念,抱有这些去概念化地生活,阻碍了我们真正去看,去行动;因此我们说我们有行动方面的问题,做什么或不做什么的问题,我们还有行动和概念之间产生的冲突。

从观察自己与艺术的过程中理解的东西是重要的。之所以这样,是因为我们的心、我们的生活方式和感受方式、我们日常的所作所为必须全面性的彻底转变。只有我们懂得了怎样观察艺术,这样重大、深刻的体验才有可能实现。因为如果你确实在看艺术品本身,那就不仅用上了你的眼睛,也用上你的心。如果你的生活、你的思考、你的行为只局限于整颗心的一个片断,你是无法这样全神贯注观察的。

此次“华丽实存-台湾新美术展”的目的除了促进台湾与日本文化交流外,目的性就是让观察者与被观察之艺术品合为一体成为艺术本身的真正意义。
 
 
日本语:
 今回の美術展は、台湾現代芸術を代表する表題にもなっている「新美術展」とは、私たちが生きる世俗的な自由世界を支配する「表面的な意義、物の見方」から離脱し、純粋に芸術そのものを主軸にして、芸術本来の生命の波しぶきのような心の声に耳を傾けるという意味である。

  芸術を観る中で「観察する」こととは、どんなに重要なことであろうか。私達は一心不乱になり、心と頭を使って観察しなければならないのだ。様々な理由で、これまで私達は全身全霊で何かを観察したことがなかった。それは私達が社会から様々な制約を受け、伝統と過去から重い圧迫を受けたりして来ているからである。事実、これらは私達を妨げている。直覚的にアートを観察すること自体できなくなってしまったからだ。

    私たち一般人は、通常、アーティストが創作しようとしている樹そのものを一本も見たことがない。絵画展などで私達はアート作品の中の樹に対して、私達が持っている想像どおりの樹を見ているに過ぎない。私たちが持つ樹の概念、イメージを通じて見ているという意味である。しかし私たちが持つ概念、知識、経験、イメージは、現実のなかにあるアーティストが描く樹とは明らかに異なったものだ。創作された樹の世界に身を置いて、アーティストが創作(=「見る」)している時、私たちは樹そのものを全部を見なければならないことに気付く。見たものと実物間のイメージ、障壁に惑わされないことは、本当に困難なことだ。

    だから、一心不乱に観察することは唯一アートを心から見るための真理だ。それは大切なことであり、その以外に理解する方法はないのだ。もしも私達が、アーティストが創作する1本の樹、1羽の鳥、1枚のかわいい顔立ち、子供の微笑みなどが心から理解できていたとしたら、それなら十分、それ以上何かする必要はない。しかし私達は他人が創作したイメージの中に、アーティストが言おうとしている1羽の鳥、1面の木の葉、小鳥のざわめきなどを聞くことは、ほとんどあり得ない。なぜなら私たちは、教育や本、マスコミなどによって与えられてきた生き物や自然に対するイメージによって、現実にまるごとそれらを「見る」ことや、「感じること」を妨げられて来たからである。こうした主張することは、万物を理解するためには万物を実際に経験するのことが必要であると感傷的になることとは、本質的に異なるものだ。

    私達はなんでも一部分しか見ていない。幼い時から成長するまで、私達が受けた訓練は一部分だけ見る、一部分だけ観察する、一部分だけを学ぶ、表面的な生活をおくるということばかりだ。しかし、心には私達が一度も接触していない、一度も理解していない大きな大きな、広大な領域があって、その空間は広く、巨大で、その存在は推測することしかできない。私達はずっとそれに接触してはいるが、その本質を理解してはいない。この領域を理解するのは全身全霊を使って見るしかないのだ。しかし私達が一度も全身全霊を使って心の広い領域を見ようとしたことがないため、一度も頭の全部を使っておらず、心の全部、神経の全部、目の全部、耳の全部も使っていない。私達一般人は言語、概念を用いて作品を見る。実際に実物を見てそのものを捉えるのではなく、先に概念を持っていて、本当に実物を「見る」こと、「感じること」を妨げて見て来た。このように私達は、見る、聞くといった行動の方面に問題があると言える。何をするかあるいはしないかを問題にしないで、行動と概念の間に発生する衝突がまだある。

   芸術を観察する過程のなかで、理解することは重要だった。このためには私達の心、私達の生活様式と、どんなことに感銘を受けるのか、私達の日常で日々行なうことを全面的にかつ徹底的に転換しなければならなかった。こうして、私達はどうやって芸術を観察するのかがわかった。それはとても大切で、深い体験であった。芸術作品を見るとき、目だけではなく、心も使ったはずである。もしも私たちの生活、思考、行為など一部分だけを使ったのなら、一心不乱に観察することはできないのである。

   今回の展示会の目的は、日本において台湾の文化を紹介するほか、観察者と観察されたアート作品自身との一体化をめざす。それが作品自体の真の意味になる。
 
 
 
 
拡張読み:
 
拡張読み之二:
 
如何在展览结束后保留数据库?答案在于建立线上展览会网站平台:
 
どのように完全なデータベースサイトプラットフォームを構築するの?
 
雑誌を出版する以外、出版社は出来ることが何だろう?参照してください:
 
我々のお客様:
 
オンラインプラットフォームを構築する方法を知らないのですか?我々が書いたものを参照してください:
 
 

 

BLOG COMMENTS POWERED BY DISQUS

グーグル(Google)が提唱したRWDレスポンシブWebデザイン

世界レベルの技術力